愛媛労連労働相談センター情報

早期退職とリストラの違いとは?

日本経済は現在回復基調である中でも、以前よりも増して労働に関するトラブルは多発しています。賃金未払い、残業、各種のハラスメントなど様々です。こうした労働問題の中で、よく耳にするのがリストラですがこのリストラといえば解雇をイメージしますが、また別によくある早期退職も解雇を同じ扱いになるとの世間では考えられていますが実際は内容は異なります。

 

ではその中身の相違は何かと言いますと、リストラとは再構築を意味しており、事業の活動の再構築のために余剰人員を解雇したり、あるいは配置転換したりすることを指し、これは企業の経済活動の低下したときに行うものです。そしてはこれはもともとは制度として存在するものではなく、その時に事業の状況によって行われるものでそのリストラを行うときに解雇も伴うというものです。

 

一方に早期退職は、少し事情が違い、主にこの早期退職制度が就業規則なりに制度化してあることを指します。確かにリストラでの解雇で定年前の中高年の労働者に早期退職を促すものもありますが、原則は就業規則に記載されて制度化されているものなのでこの制度に応募する場合には、会社から勧奨退職である解雇ではなく、退職金の上乗せをされた定年を迎える前の早い段階での自己都合の退職の扱いになります。

 

つまりはこの差は、解雇における合理性の問題、解雇予告、退職金、退職後の雇用保険の給付の日数などに違いが現れます。このあたりの法的な違いにより、メリットの差異については一般には理解しにくものですが、こうした労働の諸問題に相談に応じてくれるところがあります。それが愛媛労連労働相談センターで、運営主体が労働組合のために労働者サイドに立った労働問題の解決に尽力を発揮してくることは間違いないです。労働の件で一人で悩むよりもだれかに相談できるほうが解決もスムーズですので愛媛労連労働相談センターのような団体にまずは相談してみるのもいいと思われます。