愛媛労連労働相談センター情報

労働組合づくりのメリットと働きやすさ

労働時間が長すぎる、休日がない、いきなり解雇された、仕事でケガをしたけど労災がおりない、給料の支払いが頻繁に遅れたり支払われないなどの労働問題が発生したら、愛媛労連労働相談センターに相談しましょう。

 

愛媛労連労働相談センターは労働者の駆け込み寺として知られており、相談者の問題解決や事態を改善するためのアドバイスしています。
対象となるのはリストラ・解雇・退職強要・倒産・賃金・労働条件・セクハラなどで、専門知識を持った専従スタッフが対応しています。
もちろん、相談内容は厳守されますし相談無料なので、気軽に相談できます。
労働組合づくりのサポートもしています。

 

労働組合づくりと聞くと難しく聞こえますが、労働組合は労働者が自主的に団結すれば、どんな会社でも自由に作れます。
基本的な条件は労働者が主体である組織、労働者の自主的な団体である、主な目的は労働条件や待遇改善であるの3つです。
労働組合づくりには、まず参加者とともに結成大会を開催し、団体内で協議して決めた組合規約、活動方針を作成します。
さらに、活動に係る予算と活動の中心となる役員体制を決めます。
この労働組合づくりをスムーズにするため、労働相談センターがサポートします。
労働組合づくりのメリットは、使用者と直接団体交渉できることです。

 

公娼を要求された使用者側は誠実に応じなければならない義務が生じます。
また、使用者側は労働組合に対する支配介入を禁止されており、労働組合員であることで不当に扱われたり、加入脱退を雇用条件にしたり、経理上の援助も含めて運営に介入したり、労働委員会に不当労働行為で申し立てられたことを理由に不利益な扱いをできなくなります。
労働組合づくりのメリットを一言で言うなら、労働に関わる問題を一人で抱え込むことなく団体交渉ができるようになり、行政上や法的に認められた権利を行使しても、それを理由に不利益を被りません。

 

業種や労働者によって労働問題は様々ですが、最も避けたいのが一人で悩むことです。
一人で問題を抱え込んでしまうと精神的に負担が大きくなり、家族にも話せず孤立感深めてしまいがちです。
労働相談センターは労働者が抱える問題や事態を改善するため、専門知識と経験ある専従スタッフがサポートします。