愛媛労連労働相談センター情報

退職時の未払い分の賃金・残業代は請求可能?

たとえば勤務先に退職を申し出たとします。その際、最後にもらうべき給料が自分の口座に振り込まれなくなってしまったとしたら大問題でしょう。給料や残業代などは、こちらに何か問題でもない限りは、もらって当然の労働者の権利です。しかし、その権利が蔑ろにされるようなことが世の中にはあるのです。会社を辞める際の問題としては、そのような賃金の未払いどころか、時には勤務先から「損害賠償を請求するぞ」などと言われてしまう人さえいるのです。こうした困難な状況に置かれてしまったら、一度、専門家に相談してみるのが賢明でしょう。

 

たとえば社会保険労務士や司法書士の事務所なら、全国各地で無料相談を受け付けてくれるところも多く見つかるでしょう。しかし人によっては相談に不安を感じたり、具体的方法が分からないような場合もあります。そんな時は、まずは愛媛労連労働相談センターなどの全国の労働相談センターに問い合わせをしてみると良いでしょう。同センターの見やすくて分かりやすい公式サイトには、労働相談ホットラインなどのフリーダイヤルも用意されています。賃金の未払いや不当解雇、その他の労働問題について、きっと親身になって相談に乗ってくれるはずです。

 

とにかく退職時の未払い分の賃金や残業代は、基本的に請求できます。たとえば60万円以下の賃金の請求であれば、本人訴訟に臨むことも可能です。その際には裁判手続きが終了するまでの必要書類を全て作成しなければなりませんが、そうした素人には難しい問題こそ相談に乗ってもらうのです。
もちろん賃金未払いなどの様々な問題は、正社員だけに限ったことではありません。たとえパートやアルバイトなどの非正規雇用の社員であったとしても解決は可能です。ただし問題が難しいほどに、自力での解決も難しくなってしまいます。ですから尚更、頼りになる愛媛労連労働相談センターなどに積極的に相談すべきなのです。そうすれば解決が、より早く確実になってくれるのです。