愛媛労連労働相談センター情報

日本の労働者の現状と労働条件のよくある問題

日本の労働者の現状は、けっして良くないと言うことができるでしょう。まず、いつの間にか非正規労働者という階級ができてしまって、全体の労働条件を悪化させています。また、このことによって労働問題が複雑化してきていると言うことができます。すなわち、労働条件を考える場合に、従来の大企業労働者・中小企業労働者といった対立軸だけではなく、正規労働者・非正規労働者といった対立軸も考えなければならなくなってきているからです。そして、こういった対立軸で考えるならば、大企業・正規労働者の労働条件が一番良いということになりますが、決してそう単純化できるものでもない状況になってきているとも言えます。

 

すなわち、東芝・シャープといった日本を代表する大企業が経営危機に瀕している現在、大企業の正規労働者だからといって決して安心できる状態ではない訳なのです。では、このような状況に対して政府が労働者の労働条件改善のために何かをしてくれているのかと言いますと、外資系企業の誘致のために全く反対の政策を推し進めようとしているのが現状です。全く反対の政策というのは何かと言いますと、解雇の自由化です。すなわち、労働者の首を自由に切れないのでは外国の会社が日本に進出してくれないということで、会社側が自由に労働者を解雇できるようにしようとしている訳なのです。

 

それが国際標準なのだから、国際競争に勝ち抜くためにはそうするしかないというのが政府側の言い分ですが、日本には欧米のように自由に転職できるといった市場の仕組みがありませんし、失業保険等の制度も決して手厚いものではありません。このような状況の中で、解雇の自由化を推し進めるというのは、無謀であると言わざるを得ません。ですから、全国の労働者達は団結して会社側と戦わなければならないのです。愛媛県内には、愛媛労連労働相談センターというところがありますので、悩んでいる労働者は利用するべきであると言えるでしょう。